男の子の脱毛

部活で目立つ。ジャニーズを目指しているなど

以前は脱毛サロンといえば女性だけのものでしたが、最近は男性専用のサロンが広まっていたり、子供用のキッズ脱毛が登場したりと、利用者の幅が広まりつつあります。ですが、そんな流れの中で、ちょっとした死角になっているのが、男の子の脱毛です。

 

小学生から中学生にかけては体の成長が進み、また二次性徴を迎える時期でもあります。ムダ毛が急に濃くなったことを気にしたり、友だちにからかわれてつらい思いをするのは、これは女の子も男の子も変わりがありません。

 

学校の体育の授業や、部活で、手足を露出することがあると思いますが、すね毛や腕毛が非常に濃い、早い段階で胸毛が生えてきた、指毛が目立つ。そんな男の子もいるでしょう。また、ジャニーズやアイドルを目指す男の子にとっても、あまり毛深いのは気になります。

 

しかし前述のように、メンズ、つまり成人男性のための脱毛や、女の子のための脱毛は確立されていますが、男の子については、情報もあまりないようです。とりあえず、選択肢としては、脱毛サロンまたはクリニックと、家庭用脱毛器の、二つが考えられます。脱毛サロンは、キッズ脱毛は行っているけれど、あくまで女の子限定、というところが多いようですが、店舗によって対応は異なっているようですし、直接問い合わせてみるとよいと思います。

 

ただ、サロンに通うのを恥ずかしいと感じる男性が多いように、男の子もエステサロンのようなところに行くのは恥ずかしいかもしれません。何かの機会に友だちに知られるのもいやだと思いますし、サロンやクリニックを選ぶ場合は本人の意思をしっかりと確認するのが大切です。

 

家庭用脱毛器はそうしたストレスを考えずに脱毛ができますが、子供の使用については「非推奨」となっている機器が多いです。子供の肌は大人よりもデリケートでトラブルが起きやすいこと、ホルモンが安定しないため脱毛効果が低い可能性があることなどが理由ですが、万が一トラブルが起きた場合は自己責任になってしまうということでもあるので、その点は注意が必要です。

 

脱毛器を使う場合は、出力調節ができるものを選び、パワーを抑えて使うとよいと思います。年令が低いうちは大人がついて使用することも大切です。

 

男の子特有の悩みとして、鼻の下の産毛がありますが、ここは脱毛器で処理しない方がよいと思います。皮膚が薄くて一番痛みが強い部位ですし、ライトが目に入る危険も高いです。ここに関しては除毛クリームなどで対処するのがよいかもしれません。