ヒゲ脱毛の方法と料金

おすすめの脱毛方は…

毛抜きでヒゲ処理をしている方の理由で多いのが、「伸びかけのヒゲがざらつくのが気になる」というものです。

 

でも、毛抜きは肌にダメージが蓄積しますし、それよりは多少手間でも脱毛処理をした方がすっきり、さっぱりすると思います。トータルには肌への負担も少なくてすみますよ。各方式の長所と短所、料金などをまとめました。

 

ヒゲがなくなって自信にあふれる男性

 

光脱毛 レーザーの代わりにフラッシュを照射する方法。光脱毛の効果は個人差があり、体験者の声も、太いヒゲには高い熱が発生するのでちゃんと脱毛できるという方と、毛根が太いので効果が現れづらいという方がありますが、どちらも本当でしょう。効果は、ある程度薄くなるたけで、永久脱毛はできないというのが一般的な認識ですが、これも個人差があります。鼻下で12万円程でしょうか。
レーザー脱毛 レーザーを照射して毛根を焼く方法です。ニードル脱毛よりは落ちますが脱毛効果は高く、またニードル脱毛と違って施術のときにヒゲを伸ばしておく必要がありません。仕事柄伸ばすのが難しい方はこちらがよいと思います。痛みは強く、またヒゲの場合は他の部位よりも密生しているため、レーザーの熱がこもりすぎて火傷するリスクもあります。料金は鼻下で15万円から、顔全体は35万円から。
ニードル脱毛 とにかく顔からヒゲを永久追放したい方に向いています。1、2回の施術で毛の再生を止めることができますが、1本ずつ処理するため1年は通院の必要があります。痛みが強いのと、料金が高いのが欠点です。鼻下・35万円からで、もし顔全体だと100万円近くかかるようです。
家庭用脱毛器 パワーは低いですが、好きなタイミングで好きなだけ脱毛できるのが一番のメリットです。最もよく売れている商品の場合、本体・10万円前後、カートリッジ・1万円から。カートリッジは1個で最大5万回の照射ができます。

 

料金は各サロンやクリニックで違いますし、キャンペーンの有無で大きく変わってきます。あくまでも目安と考えてください。
脱毛方式をいくつか紹介しましたが、精神的、金銭的に面倒を感じずに行えるもの、という基準で選ぶとよいと思います。女性はきれいになるためには多少無理ができますが、男性の方は面倒だと感じたことは結局やらないですからね。

 

脱毛とはすなわち継続です。続けられるものを選んでください。

関連ページ

ヒゲを抜くと、肌が傷つきやすく、可能しやすく、治りづらい
ヒゲは毛根が深く、しかも毛が太いために皮膚と強くくっついています。無理に抜くと皮膚が傷ついてしまい、冷却や消毒といったケアも届きづらいため、重症化する可能性が高いです。
ヒゲを引っ張って抜くのが趣味・癖の人のために。肌への負担を減らす
自分で引っ張ってひげを抜くのが楽しい、やめられないという方は、肌を温めて毛穴をゆるめたり、毛の流れに沿って抜くなど、できるだけ毛根や肌に負担のかからない方法で抜くとよいでしょう。ときどき抜くのを休んで肌をいたわることも大切です。