男の脱毛の痛み

女性より痛いには、ワケがある

男性が胸毛やヒゲを脱毛を受ける場合、どんなことを考慮するべきでしょうか。脱毛効果? 必要な施術回数? いえいえ、男性が一番に考えるべきは、やはり施術時の痛みではないかと思います。

 

現在、脱毛サロンやクリニックで行われているのは、主に光脱毛やレーザー脱毛です。これらの施術に使用されるライトは、濃い色に反応して熱を発する性質があります。ムダ毛に照射すると、毛根のメラニン色素に熱が発生し、その熱で毛根にダメージを与えて脱毛させるというのがその仕組みです。

 

こうした性質上、メラニンが多いほど発生する熱量は多くなります。たとえば、産毛のような細い毛と脇の下のような太い毛とでは、後者の方が高熱になります。男性のムダ毛は一般的に女性よりも太い傾向があります。しかも女性よりも毛が密生していますから、発生する熱は全体にかなり高くなります。つまり、施術時に、毛根の周囲の皮膚組織が高熱を受けて強い痛みを感じることになるのです。

 

胸毛脱毛の痛みで、施術後に苦しむ男性

 

また、血流が良いと痛覚が敏感になり、痛みを強く感じますし、肌が乾燥していても強く痛みます。男性は女性と比べると筋肉量が多く、血行が良い傾向があります。加えて、スキンケアを女性ほど熱心にしないため、肌が乾燥気味になっているなど、男性の体は痛みを強く感知する条件が整っているといえるでしょう。

 

男らしく痛みに耐えてもよいのですが、クリニックで受ける場合は、依頼すれば簡易な麻酔を使用してもらうことができます。麻酔クリームを用意しているクリニックが多いようですが、クリームと笑気麻酔の2種類から選択できることもあります。

 

麻酔クリームは文字通り塗布するタイプの麻酔です。脱毛する部分に塗っておくと皮膚の感覚が麻痺して痛みを感じなくなります。笑気麻酔はガスタイプの麻酔で、鼻から吸引します。吸っているうちにお酒に酔ったような感覚になり、痛みを感じても気にならなくなります。クリームと違い、痛みがなくなるのではないので注意してください。

 

麻酔は別料金になります。脱毛サロンでは麻酔の使用は禁止されているため、使用できません。痛みが強くてつらい場合は、スタッフの方に相談して、機器の出力を抑えてもらったり、肌を冷やしてもらうなどの対策をしてください。